CDリッピングする前にCDがイジェクト(取り出し)されるのを防ぐ方法

Windows10でEAC(Exact Audio Copy)を使ってリッピングしようとCDをドライブに入れた際に、すぐにイジェクト(取り出し)されることがある。この問題の解決方法を紹介する。

スポンサーリンク

不具合の症状

症状としてはEACを起動した後、CDを入れた時に、エクスプローラが表示され、「ディスクを挿入してください」というメッセージが出る。EACを起動していなければエクスプローラが開き、CDの中身が表示される。

過去は出ていなかったと思うが、最近のWindows10ではこのような動作になるようだ。この状態になるとCDを入れてもすぐにイジェクトされてしまうため、EACでのリッピングができない。

解決方法

解決するにはWindowsの自動再生を無効にする必要がある。Windowsの大型アップデートやクリーンインストールした場合は、この設定が元に戻ったり、変わったり可能性があるので、同じ症状が出た場合は自動再生の設定を見直してみよう。その手順を紹介する。

スタートメニューからWindowsシステムツールの中にあるコントロールパネルを開く。

システムとセキュリティを開く。

ハードウェアとサウンドを開く。

自動再生を開く。

「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックを外して、保存をクリック。

この設定を行えば、勝手にエクスプローラが立ち上がることもなく、EACでリッピングできるようになる。

最後に

Windowsのバージョンアップ毎に不具合が出ている感じがするが、とりあえずは紹介した内容でEACは使い続けることができるので、もし同じ症状の方がいたら試してみるとよいだろう。

EACオプションの「取り込み中はドライブのトレイをロックする」や「EAC起動中はCDや音楽CDの自動再生を無効にする」という設定もWindows10になってうまく動作しないようになってきているのかもしれない。EACはリリースされてから数十年経つが、まだ、基本機能がちゃんと機能していることが奇跡的なのかもしれない。

とはいえ、デジタルオーディオを扱うのに現役で筆者もまだ使い続けているので、致命的な不具合が起こらなければよいなと思う。