バーコード決済PayPayを安全なプリペイド方式で使う方法

バーコード決済PayPayの使えるところが徐々に増えてきており、使ってみたいという方も多いのではないだろうか。ただ、PayPayはじめ各社のセキュリティ意識の低さから、個人情報流出やクレジットカードの悪用など、良くないニュースが先行しており、怖いから手を出さないでおこうという方もいるだろう。

PayPayはこれまでにバージョンアップを繰り返しており、入金する方法も増えている。この入金の方法を知っておけば、比較的安全にバーコード決済を使うことができる。

なぜバーコード決済が危険と思われているのか

過去のバーコード決済のニュースを見てみるとわかるが、問題になっているのはクレジットカードの使用制限がなかったり、アカウントの乗っ取りで、第三者が使用できてしまうということである。

PayPayも開始初期はクレジットカードの使用に関して制限がほとんどなく、高額商品も購入できた。しかし、現在は使用制限がかかっており、普段の買い物でも困るようなくらい厳しい制限になっている。

また、電話番号とアカウントが紐づいているため、本人認証しないと使えないようになっている。

後手後手ではあるが、ここ1年で対策されているので、安全になってきている状態ではある。

自己防衛のために

お金の絡むことなので、より慎重に考えたほうがよい。銀行口座登録やクレジットカード登録は悪用された場合、被害が大きくなるので、なるべくなら避けたほうがよい。

もちろん、バーコード決済だけではなく、普段のネットショッピングや現実での買い物、支払いでも同じことが言えるだろう。

では、どうすれば安全に買い物ができるのかというと、決まった金額をチャージして使う方法である。プリペイドカードと同じ考えであるが、例えば5000円チャージしたとして、万が一、悪用されたとしても被害額は最大5000円である。

こうしておけば、給与振込口座から引き出されたり、クレジットカードの上限額まで他人から使われることを防ぐことができる。(この場合は数十万という被害になるだろう。口座停止やクレカ再発行など金額だけではなく、手続きも大変である)

PayPayのクレカ、銀行口座を使わないチャージ方法

公式ページには支払い方法として下記が紹介されている。

PayPayを使うには「PayPay残高」、「Yahoo!マネー」、「クレジットカード」の3つのどれかが必要であると書いてある。PayPay残高は銀行口座からチャージと書いてあるので、銀行口座登録が必要ということである。

気にしない方は銀行口座やクレジットカードを登録してしまうのだろうが、心配症の方はかなり躊躇するところだろう。

Yahoo!マネーはコンビニでチャージして使えるが、YahooアカウントやYahooウォレット、Yahooマネーと登録するまでにすごく面倒であるので、あまりお勧めできない。(できないことはない。私も次の方法が出てくるまでこの方法でチャージしていた)

この3つを使わずにPayPay残高に直接チャージする方法がある。(途中から追加された)セブン銀行ATMでチャージする方法だ。

PayPay残高にセブン銀行ATMで直接チャージ

セブン銀行ATMはコンビニのセブンに置いてあるATMである。全国に設置してあるので比較的利用しやすいだろう。セブン銀行ATMを操作するだけでチャージできるので、レジに並ぶ必要もなく、数秒で終わるので、おすすめの方法である。

ATMの最初の画面の「スマートフォンでの取引」を押す。

スマホアプリの画面で「セブン銀行」をタップし、ATMに表示されているQRコードを読み取る。

スマホに表示された数字をセブン銀行ATMに入力し、チャージしたいお金をATMに入れる。完了すると、即時チャージされ、PayPay残高が増える。慣れれば非常に簡単だ。Suicaや電子マネーのチャージとほとんど変わらないだろう。

政府のキャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月から消費税が8%から10%に増税する。その緩和政策としてキャッシュレス・消費者還元事業で2%または5%の還元が行われる。PayPayも消費者還元事業分5%+PayPay5%の合計10%還元対応しているが、使える店舗が思ったり少なく、あまり普及するようには思えない。

また、使える使えないの判断や、PayPayは使えないど楽天ペイが使える、2%なのか5%なのか、クレジットカードでないと使えない等、筆者のようにPayPayを数十回使っているユーザーでも混乱しそうな内容である。(大手の電気屋や薬局は還元無しと考えたほうがよさそうだ。)これを店舗や一般消費者に使いこなせというのはかなり無理があるだろう。

増税に合わせてプレミアム付き商品券等もあるので、情報を手に入れてうまく利用していかないと、損してしまうという状況だ。ただし、どれもわかりにくいし、キャッシュレスを推進したいと言っている割には中途半端な内容だと思う。

少しでもお得にスピーディにお買い物

バーコード決済は現金よりもスピーディに会計ができるし、ある程度の還元もあるので、使わないよりは使ったほうが得することが多いだろう。私も現金を出すのが面倒になっており、バーコード決済に慣れてしまったので、使えるところでは積極的にPayPayを使っている状況である。

増税もあるので、少しでも家計のプラスになるようにPayPayを始めてみてはどうだろうか。(10月からは1.5%還元になってしまうけど)