【レビュー】おすすめのワイヤレスイヤホン AVIOT TE-BD21j-pnk

2020年12月27日にAVIOTから発売されたワイヤレスイヤホンAVIOT TE-BD21j-pnk(通称:ピヤホン3)を購入したので、レビューしたいと思う。

スポンサーリンク

AVIOT TE-BD21j-pnkとは

TE-BD21j-pnkはAVIOT(アビオット)という日本のメーカーから発売された、完全ワイヤレスのイヤホンである。AppleやSonyと比べると聞き慣れないメーカーだと思うかもしれないが、大手では出来ない開発の速さと音質へのこだわりで注目を集めている。

AVIOTの製品は日本で設計されているということもあり、日本人向け(邦楽を聞くのであれば特におすすめ)にチューニングされているので、購入した後の満足度が高いだろう。その中でも今回発売されたTE-BD21j-pnkは特に満足度と完成度が高い製品だ。

TE-BD21jというハイブリッド・トリプルドライバー搭載のベーシックモデルに「凛として時雨」というバンドのドラム、ピエール中野氏がコラボしてチューニングを加えたモデルがTE-BD21j-pnkである。AVIOTとのコラボ商品としては第3弾なので、「ピエール中野氏 & イヤホン」で「ピヤホン3」と呼ばれている。直近では有線ピヤホンも発売されており、見分けるために無線ピヤホン3と表記される場合もある。また、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」常守朱(CV:花澤香菜さん)がボイスガイダンスに採用されており、こちらもコラボということになる。

コラボした商品と言われると、ファンの人が買うものって思われるかもしれないが、ピヤホンシリーズに関してはファンでなくてもおすすめできるイヤホンである。とにかく価格に対しての音質(聴こえ方)が他の製品の上をいっているのである。ピヤホンを購入、視聴できる機会があるのであれば試してみてほしいと思う。

現在のところTE-BD21j-pnkがピヤホンの中で一番ハイスペックなので、高音質なワイヤレスイヤホンが欲しくて、予算が許すのであれば購入を検討してみてもよいだろう。

このハイブリッド・トリプルドライバーを搭載した前モデルのピヤホン1(TE-BD21f-pnk)の時は、在庫がすぐになくなって購入が結構困難であった。予約して1か月待ちというのが普通なくらいだったので、ほとんど受注生産みたいな感じだろう。店舗に出回ることもほとんどないので、オンラインのショップで正規品を予約して購入するというのが一番だろう。今回のTE-BD21j-pnkも初回分は既に在庫は無くなっており、次の生産分の予約という形になっている。

いわゆる品薄状態であるので、高額で転売されていることもあるが、AVIOTの保証が受けれなくなるので、必ず公式ショップから購入しよう。予約して待っていれば必ず手に入るので、間違っても転売品を買わないようにして頂きたい。予約自体も出来ないくらい品薄になる場合もある。上のリンクで表示されている状態は購入できるチャンスなので欲しい方はすぐに購入した方が良いだろう。

ピエール中野さんに本記事をツイートしていただきました

ありがとうございます!

評価の高いTE-BD21j-pnk

このブログで紹介しなくても、すでにいろいろなところでTE-BD21j-pnkは高い評価を受けている。一番わかりやすいのはVGPアワード2021で金賞を受賞しているところだろう。国内の販売店やオーディオビジュアル評論家が選ぶ本当におすすめできる商品ということである。

ちなみベーシックモデルのTE-BD21jも受賞はしているが、金賞にはなっていないので、ピエール中野さんのチューニングが入っているから金賞をとれたとも言える。ベーシックモデルも悪くないと思うが、似たような金額で購入するのであればTE-BD21j-pnkの方がより良い音質で音楽を聴ける。

一応、このVGPというのはモンドセレクションまでとは言わないが、結構な数を見かけるので確認してみた。イヤホンだけでも形態、有線、ワイヤレス、さらに価格帯で細かく分かれており、その中で選出されている。かなり細かい分類なので、金賞の機種もたくさんあるということだ。ただ、イヤホン自体かなりたくさんの機種が発売されていることを考えると金賞というのは価値があると言えるだろう。

ということで、TE-BD21j-pnkを探してみると「完全ワイヤレス」「1.5万円以上、2万円未満」というカテゴリの中で、金賞を獲得している。

また、前回のピヤホン1では多くのミュージシャンや有名人が使用していた。音楽関係の方が使っているということは制作側が伝えたい音楽が正確に再現できているということだろう。TE-BD21j-pnk(ピヤホン3)に関してはPerfumeのっちさんが早速購入している。これからこの機種を持つ人が増えていくのではないかと思う。

確認できたTE-BD21j-pnk(ピヤホン3)ユーザー

凛として時雨 ピエール中野さん
Perfume のっちさん
東京事変 亀田誠治さん
キュウソネコカミ ヤマサキ セイヤさん
the HIATUS 柏倉 隆史さん
声優 日髙のり子さん
インパルス 堤下 敦さん
Dragon Ash 桜井誠さん
ビビる 大木さん

外観

まず開封して感じたのが充電ケースが非常に小さいということである。しかもジュラルミンケースということで、高級感と堅牢性がある。これならイヤホンと一緒に持っていけるサイズと重さである。

色はブラック+ゴールドなので、高級感のあるイヤホンになっている。形もスマートでかっこいいデザインとなっているので、誰がつけていても違和感はないだろう。コラボモデルなのでピエール中野さんのロゴが、ケースの蓋の右下に小さく印刷されているのと、左イヤホン(L)側に彫り込んである。どちらもあまり目立たないので、ファン同士であれば、ピエール中野さんのイヤホンと気づくし、もしファンでなくてもコラボに気づきにくいデザインなので、普段使いしやすいだろう。

音質、聴こえ方

ハイブリッド・トリプルドライバーを搭載しているだけあって低音から高音まで綺麗に聴こえる。ドライバーの数だけで良し悪しは決められないと思うが、イヤホンとしてはベストな構成だと思う。さらにAVIOTとピエール中野さんの細かなチューニングが入って、どんな音楽でも高音質に聴こえるイヤホンになっている。

TE-BD21j-pnkは赤丸で示しているデュアルバランスドアーマチュアドライバーとダイナミックドライバーの3つのドライバー(ハイブリッド)で構成されている。ダイナミックドライバーの音圧、アーマチュアドライバーのクリアさの両方をバランスよく生かしてまとまりのよいイヤホンになっている。

口コミでよく聞く「これまで聴こえなかった音が聴こえるようになる」というのは確かにあると思う。付属品や安いイヤホンから買い替えた方は間違いなくそう感じると思う。プラシーボでしょと思うかもしれないが、音の分離と各帯域がしっかりとバランスよく出ているので間違いなく他のイヤホン(高価なものは別として)と比べて聴こえる音数は増えている。

筆者は過去からShureのイヤホン(そんなに安くない)やDACを使っていたので、音楽を聴く環境としてはそんなに悪くなかったと思っているが、それでもTE-BD21j-pnkのほうが音質が良く聴こえる。ピエール中野さんがおそらく数十万のイヤホンを使っていて上(どういう音が心地よく聴こえるか)を知っているからこそ、2万円弱で高音質なイヤホンを発売できたのだと思う。

開封してすぐに聴いて感じたことは、「すべての音が安定して出ている」ということである。他のどのイヤホンでも最初に聴いたときは、ちょっとバランス悪いなとか、高音が強すぎて聴いてて疲れるなとか、低音が強すぎてボーカルよく聞こえないなとか、思うところはあるが、TE-BD21j-pnkではそういうことがなかった。

聴こえ方に違和感がある場合はイヤホンを付け直したりして聴こえ方が変わるか試したりしていたが、このTE-BD21j-pnkはイヤホンの付け直しなしで、一発で「あっ、綺麗に聴こえる」と思ったイヤホンである。

公式にも書いてあるが、この機種は30時間から50時間のエージングが必要である。確かに最初は少しボヤっとした感じを受けるかもしれないが20時間ぐらいを超えたあたりから、細かな音まで綺麗に聞こえるようになってくる。この機種の本当の音は50時間使い込んでからなので、まずは50時間鳴らしてみて欲しいと思う。

あと、以前にも他の記事で書いたが、技術的な話をするとBluetoothイヤホンなのでiPhoneやiPodからの転送時にはAACに圧縮されている。(AndroidやウォークマンはaptXに圧縮) ビットレートとしてはあまり高くないはずではあるが、圧縮音楽特有のシャリシャリした感じは出ていない。搭載されているチップやチューニングで聴いた感じがCDレベルになるようにしているのだろう。

iPhoneにイヤホンジャックがなくなる前にBluetoothイヤホンを購入して音の悪さやバッテリーの持ちにがっかりした経験のある方も多いと思うが、数年前のBluetoothイヤホンとは音質も使い勝手も次元が違うので、一旦過去のことは忘れて頂きたい。TE-BD21j-pnkで聴いてもらうと、Bluetoothイヤホンのイメージがガラッと変わるはずだ。

過去の機種(【レビュー】話題のワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01dを買ってみた)にあった無音時のホワイトノイズ、デジタルノイズは極力抑えられている。しかし、集中して聞くとスマホと接続しているときは少しホワイトノイズがあることがわかると思う。再生しているときや連続再生しているときはほとんど気にならない程度なので、気にしないほうがよいだろう。Bluetoothイヤホンでは限界があると思うのでホワイトノイズ(S/N比)を気にする方は、有線イヤホン、ポタアン等を使ったほうがよいと思う。

充電について

TE-BD21j-pnkのイヤホン自体は9時間、ケースのバッテリーで36時間、トータルで45時間の再生時間なので、毎日3時間使ったとしても15日間持つ計算になる。充電なしでもかなり長い時間使うことができる。AppleのAirPods Proだとイヤホン自体で5時間、ケースのバッテリーで24時間程度なので、TE-BD21j-pnkのほうが充電回数が少なくて済むだろう。

ピヤホン1から変わったところだと思うが、TE-BD21j-pnk(ピヤホン3)はイヤホン単体で電源オフができないようになっている。毎回ケースに収納することで電源OFFになる。取り出したときに自動的に電源ON、ペアリングした機器があれば自動的に接続される。

この仕様が良いのか悪いのかは微妙だが、定位置に保管しておくのでイヤホンをなくさない、毎回充電できる、電源のON、OFFが明確になることにより動作(挙動)が安定するという利点はある。ただ、ケースがないところで電源OFFにできないので、バッテリーが切れるまでONしたままになる。

ケースにはそこそこ強力な磁石が入っており、ケースのイヤホンの入る溝にイヤホンを近づけると引き寄せされる。ある程度上から落とす感じでもカチッと充電位置に収まってくれる。そのおかげでケースにイヤホンを入れやすいし、接触不良で充電できないということも少ないだろう。

あと、USB Type-Cの充電端子になっているが、使用するACアダプタによっては充電できない場合があるようだ。ケーブルはType-AからType-Cのものが付属しているがACアダプタは手持ちまたは別途用意が必要なので、注意が必要である。ただ、明確にこれが使えないというのが公表されていないので、試してみるしかない。おそらく電圧が5V以外になる機器は弾かれる可能性がある。電圧を変えて急速充電するものは使えない場合があるようなので、気を付けよう。ちなみに「コスパが高く何でも使えるスリムな急速充電器」で紹介しているものは使えたので他の機器含めて急速充電器が欲しい場合は購入してみるとよいだろう。

その他

アンビエントマイクというのがついており、左イヤホンを2秒長押しすると外の音を聞くことができる。基本的に音楽を聴いているときはOFFにしておくとよいが、話しかけられる場合や、周りの音を聞きながら音楽も聴きたいという場合はONにするとよいだろう。

アンビエントマイクの感度が高いのか、ONにすると結構ノイズがはいるので、音楽に集中したい場合、高音質で聴きたい場合はOFFにしておこう。

あと、付属品に左右のイヤホンを繋ぐストラップがある。線路に落として取れなくなるとか、落として破損、紛失するなど、完全ワイヤレスならではのトラブルも多い。しかも、高額なイヤホンともなるとショックも大きいので、最初からこのようなストラップがついているのはありがたい。

最後に

高音質なワイヤレスイヤホンを探しているのであれば、TE-BD21j-pnkはかなりおすすめできる機種である。思い切って購入してみると利便性と高音質で快適な音楽生活を手に入れることができるだろう。音楽を聴く時間が長い方はぜひ購入を検討してみて欲しい。