ハウツーIT

ソフトやサービスの手順解説サイト

*

ネットショッピングでクレジットカードの情報流出が心配な方はVプリカを使おう

      この記事は約 6 分で読めます

品揃えや配達の便利さからネットショッピングを使用する方は多いだろう。また、現在ではオークションやフリマアプリなどネット上での取引も増えている。さらに、オンラインのサービス(動画、ゲームなど)も多くなってきており、これからも使用する頻度は増えてくるだろう。利用する際の、支払いの一つとしてクレジットカードがあると思うが、最近よく聞くのが個人情報の流出でクレジットカード情報が他人に渡ってしまうということである。クレジットカード払いは簡単で便利であるが、情報が流出してしまっては第三者に悪用されてしまう。これが心配でクレジットカードをネットに登録していない方も多いだろう。この解決策としてVプリカというものを紹介したいと思う。

スポンサーリンク

昔からネットを利用している方はセキュリティやオンラインの危なさを知っている方が多いと思うので、クレジットカードを登録するまえに少し考えてしまうだろう。購入しようとしているサイトが個人店や小規模な店で、個人情報の扱いがどうなっているかわからないということもある。大手でも個人情報が流出したというニュースが出てくる時代だ。管理している会社が悪いといえばそれまでなのであるが、結局被害を直接受けるのは利用者になるわけで、クレジットカードが不正利用されていないか定期チェックする必要がでてくる。また、不正利用されてしまった場合はカードの停止や返金できる場合は返金してもらう手間が出てくる。

クレジットカードはすぐに支払いができて、手数料もかからなくて便利であるが、何でも登録してしまうのは不正利用時は困ることになるだろう。サイトによってはクレジットカードしか支払いに使えないこともあるので仕方なく登録を迫られる場合もある。

そんな時にお勧めなのがコンビニで売っている「Vプリカギフト」である。プリペイドカード(先にお金を払ってから使用するカード、先払いなので使いすぎることや、必要以上にお金を取られることはない)でありながら、ネット限定でクレジットカード(Visaカード)の代わりに使うことができるものだ。

コンビニで直ぐに買えるので、もちろんクレジットカードのような審査もないし、Vプリカギフトに限っては匿名でクレジットカードを利用できることになる。本来、クレジットカードは一時的に借金している状態になるので、個人の特定はもちろん、支払い能力があるか、ないかを判断されて使えるものであるが、このVプリカギフトはそのような審査はないので気軽に使用することができる。

Vプリカギフトのクレジットカード情報が外部に流出したとしても、被害の最大額は最初にVプリカを購入した金額だけである。Vプリカギフトの番号も使い捨てと考えれば、金銭的に損害はそんなに受けることはなく、気持ち的にも気にすることない程度だろう。

通常なら不安になるような海外サイトでのショッピングでもVプリカは使える可能性がある。(VISAカードの代わりにすることができるため)

お金が絡むことなので、運営会社を信用して完全に任せるよりは、自分の身は自分で守るぐらいの用心深さは持っておいたほうがよいかもしれない。

あとVプリカの注意事項として、使えるサイトと使えないサイトがあるということである。公共料金や月額支払いの場合は使えない可能性が高い。

それでは実際の使い方を紹介したいと思う。

Vプリカギフトの使い方

コンビニでVプリカギフトカードを購入する。他のプリペイドカードと同じところに置いてあるだろう。Vプリカギフトとしては3000円と5000円の2種類がある。セブンイレブン、ファミマには置いてなくて、ローソンやサークルKサンクス等に置いてあるので注意が必要だ。ちなみに手数料分が少し金額に上乗せされているのでこれが嫌な場合は使わないほうが良いだろう。(iTunesカードとかLINEプリペイドカードとかGoogle PlayカードとかAmazonギフトカードなど使用先がすでに決まっているものに関してはそちらを使ったほうが良いだろう)

現在は大体このようなデザインである。Vプリカギフトとしては金額が限られているが、ギフトではないVプリカは様々な金額が用意されているので個人ユーザー登録するのであればそちらを利用するのでもよいだろう(匿名性はなくなるが、自分でカードをロックしたり残高を他のカードとくっつけたりできるので、クレジットカード番号としては流動できるので、番号が情報流出してもそんなに困らないと考えらる)

買ってきたらカードの裏側にあるスクラッチを削る。

削ると認証番号とカード番号が出てくる。これをもってVプリカのサイトに行く。

右上の「Vプリカギフト」をクリックする。

利用規約、説明を読み、チェックを入れる。

「次へ」をクリックする。

スクラッチを削って出てきた認証番号と、カード番号の下4桁を入力する。画像認証があるので、画像の文字列をしたのテキストボックスに入れ、「確認」をクリックする。ちなみにこの認証番号とカード番号を他人に知られると、他人が使えてしまうので見せないように注意しよう。

この画面がクレジットカードの情報である。カード番号はスクラッチしたところに書いてあるものを使用して、有効期限、セキュリティコード、ニックネーム(氏名)は上記画面の情報を使用する。この情報があればネットショッピングで入力する項目はすべてカバーできるはずだ。ちなみにクレジットカードの氏名はLIFECARDになっているので、実際にネットショッピングで氏名を入力する場合は氏「LIFE」、名「CARD」と分けて入力する。(これでいいのかと思うが、これで使えているのでOKである)

使用するとカードのページに使用履歴が記録されていく。ゼロ円になるまでうまく使い切るとよいだろう。裏技としては最後はAmazonギフト券で金額を入れて購入するとぴったり使い切ることができる。

最後に

インターネットを利用した取引では危険な場合もあるので、お金の支払いに関しては気にしながら利用したほうが良いだろう。リスクを理解してクレジットカードを使うか、今回の記事のようにプリペイドカードを使うか判断していただければと思う。

クレジットカードの利便性をそのままにプリペイドカードとして使うことができるVプリカはそれなりに需要があるのではないかと思う。

スポンサーリンク

 ↓↓↓ 役立った!と思ったら、共有していただけると嬉しいです ↓↓↓

 - サービス

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは管理人承認後に表示されます。