ハウツーIT

ソフトやサービスの手順解説サイト

*

楽天でんわを使う手順

2014/02/11        この記事の所要時間:約 4 分

楽天でんわはスマートフォンなどの通話料が高いという問題を解決するために開始されたサービスである。スマートフォンユーザーにとって音声通話に関しては、ほぼ選択肢がなく、30秒21円というものが多い。この通話料を半額の30秒10.5円にしたのが楽天でんわというサービスである。

スポンサーリンク

申し込み後、通話先の電話番号の頭に「0037-68-」をつけて電話することで上記の通話料になる。IP電話とは違い、こちらの番号も普通に相手に通知される。また、電話回線を用いているのでIP電話等で発生することが多い、音声の遅延や途切れ、音質劣化がでないのも良いところである。国際電話での使用も2014年2月から可能になった。

ただし無料通話できる相手に楽天でんわを使うと逆に通話料金がかかってしまうので注意が必要である。家族間通話や定額で通話できるプランに入っている方、無料通話が残っている方は、うまく使い分けなければならない。

サービスを使う上で電話しなければ月額料金はかからないので、申し込んでおいても損はない。通話料金を削減したいが、「IP電話だと番号が変わってしまうので嫌だ」、「今の電話番号をそのまま使いたい」と言う方にはおすすめできるサービスである。

申し込みの手順は以下となる。なお、通話料金の支払いはクレジットカードのみであるので、事前に用意しておこう。(通話料金はキャリアからの請求ではなく楽天でんわからの請求になる)

raku01

楽天でんわのホームページを開き、「楽天でんわ利用登録」をクリック。

raku02

楽天会員でないので「申し込みフォームへ」をクリック。会員の場合はポイントがつくので会員ログインしたほうがお得に使うことができる。

raku03

名前、住所、クレジットカード番号を入力し、「規約を確認し、同意しました。」にチェックを要れ、「申し込み内容を確認する」をクリック。

raku04

最終確認ページで入力内容を確認する。これで問題なければ「申し込み内容を確定する」をクリック。

raku05

上記画面が表示されれば申し込みは完了である。IDとパスワードが表示されているのでメモしておこう。特に楽天でんわを使うときには使用しないが、明細を確認するときに必要となる。

申し込み自体は以上で、比較的簡単に申し込みできるイメージである。後日、郵送でも申し込み内容について送付されてくる。念のため、保管しておこう。

次にスマートフォン(Android)にアプリをインストールする。ここでは推奨されている楽天でんわの公式アプリを使用するが、このアプリは単純に電話番号の頭に「0037-68-」をつけるだけのアプリであるため、自分で番号を入力する場合やデフォルトの機能のプレフィックス設定をする場合は特に必要ではない。

raku06

Google Playから「楽天でんわ」を検索してインストール。

raku07

アプリを起動すると電話帳が開く。ここで電話をかけたい相手をタップする。

raku08

すると、電話番号の頭に「003768」のついた電話番号が表示される。電話マークをタップすると、その相手に楽天でんわ経由で電話をかけることができる。

最初に注意することとして書いたが、無料通話の相手にかけると逆に通話料金がかかってしまう。そこでこのアプリには「無料通話リスト」というものがある。このリストに入れておけば楽天でんわを使わずに通常の電話として発信することができる(単純に003768をつけないだけだが)

無料通話リストは右上の設定アイコンから作成できる。

raku09

右上の設定アイコンをタップ。

raku10

「無料通話リスト」をタップ。

raku11

無料通話リストに新規追加をタップ。すると電話帳が開くので無料通話対象の相手を選択する。

raku12

番号部分をタップする。

raku13

無料通話リストに追加される。2回目以降はメニューボタンから新規追加できる。

少しの手間で通話料金を半額にできるので、スマホでよく電話をかける方にはお勧めのサービスである。あまりかけない方も多少は削減できるのと月額費用がかからないのでよいのではないだろうか。

 ↓↓↓ 役立った!と思ったら、共有していただけると嬉しいです ↓↓↓

 - サービス

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは管理人承認後に表示されます。