ハウツーIT

ソフトやサービスの手順解説サイト

*

IP-Phone SMARTを使う手順

      この記事の所要時間:約 5 分

IP-Phone SMARTはスマートフォンで使えるIP電話である。月額が0円で050から始まる電話番号を持つことができる。つまり、タダで電話番号を持つことができるので、音声通話できない端末(SIM)でも発信、着信ができるようになる。しかも通話料は普通のスマホより割安の8.4円/30秒である。

スポンサーリンク

IP電話であるので同じIP-Phone SMARTのユーザー同士の通話は無料になる。留守番電話も無料で使うことができる。通話料金はキャリアではなく、IP-Phone SMARTから請求される。

ここまではオフィシャルサイトを見ると利点として載っていることであるが、実際に使ってみると不便な点が出てくる。緊急電話がかけれない、着信が不安定、音声遅延がひどくて会話にならない、音声が聞こえなかったり途切れたりする等々、IP電話にある特有の問題がでる場合がある。常にネットワークに繋がっていないと着信できないため最新機種でも1日電池が持たない可能性がある。また、いつの間にかデータ通信ネットワークから切断されていて、「いつかけても繋がらない」人に認定されている可能性もある。

普通にスマホで電話として使おうとした場合、上記のことがあるので完全に音声通話の置き換えとして使うことは現状では難しい。さすがに安いからといってメインで使うのは危険である。

この注意点を承知したうえで、特定の人とのホットライン的な使い方をしたい、極限まで通話料金を削減したい方にとっては良いサービスかもしれない。

申し込み手順は以下となる。登録にはクレジットカードが必要なので事前に用意しておこう。

ipsmart01

IP-Phone SMARTのホームページを開く。「お申し込みはこちら」をクリック。

ipsmart02

説明を読んで「申し込みフォームへ」をクリック。

ipsmart03

メールアドレスを入力する。画像を見て正しく文字列を入力後、「メール登録」をクリック。

ipsmart04

留意事項を読み、承諾できれば「同意します」にチェックを入れ、「メール登録完了」をクリック。

ipsmart05

先ほど入力したメールアドレスにメールが届く。有効期限は24時間なので早めにメールチェックしよう。

ipsmart06

メールにはURLが書かれているので、そのURLを開く。

ipsmart07

説明を読み、同意できれば「同意します」にチェックを入れる。

ipsmart08

サービス利用を読み、問題なければ「同意します」にチェックを入れる。最後に「規約に同意し、登録を続ける」をクリック。

ipsmart09

個人情報、クレジットカード情報を入力し、「入力情報確認」をクリック。

ipsmart10

最終確認画面が出てくるので、確認後、「登録完了」をクリック。以上で登録は完了する。

続いて、IP電話を使うための設定を確認する。

ipsmart11

トップページの「MYページログイン」をクリック。

ipsmart12

ログインのところにメールアドレスと設定したパスワードを入力、「ログイン」をクリック。

ipsmart13

ログイン後、ユーザアカウント情報表示をクリック。

ipsmart14

SIPアカウント情報がIP電話に使う必要な設定項目である。ドメイン、SIPアカウント名、SIPアカウントパスワードをメモする。ちなみに上に表示されている050で始まる番号が開通した電話番号である。発信、着信の電話番号は050で始まる番号を使うことになる。

次にスマホにアプリをインストールする。普通のIP電話(SIP)なのでオフィシャルアプリでなくても他のSIPアプリでも使用は可能だ。端末によっては標準でSIPに対応しているものもあるので設定を探してみよう。各自、使いやすいアプリを探してみるとよいが、私の探した限りではどれも不安定でバッテリーの減りが早く、いまいちと言うものが多かった。(特に着信に関しては、時間が経つと繋がらなくなることが多い)今後のバージョンアップに期待したい。

ここではとりあえず、オフィシャルアプリをインストールする。(開通までには約1時間ぐらいかかる場合があるので、うまくいかない場合はしばらく時間を置いてから試してみるとよいだろう)

ipsmart15

Google Playより「SMARTalk」を検索し、インストール。

ipsmart16

先ほど確認した、SIPアカウント、SIPパスワードを入力。

ipsmart17

SIPアカウントにログインできれば上記状態になり、通話できるようになる。赤枠が緑のアイコンであれば正常である。赤のアイコンの場合は設定が間違っている可能性があるので、設定から再度、SIPアカウントとパスワードを確認しよう。

ipsmart18

コンタクトをタップすると電話帳が表示される。電話をかけたい相手をタップ。

ipsmart19

番号が表示されるのでタップすると発信できる。

オフィシャルに限らず、SIPアプリを使ってみるとわかるが、かなり不安定で、こちらの音声が相手に聞こえなかったり、発信が切れなかったり(こっちでは切断しているのに相手側にずっと着信しっぱなし)と不具合が多い。端末との相性もあると思うが、実用するにはまだ課題があると思われる。音声が聞こえない件に関してはコーデックを変えてみたりするとうまくいく場合がある。

設定が終わった後は、一度、家族の携帯などと発着信の確認をした方がよいだろう。いざ使うときに音声トラブルで会話にならないということもないわけではない。

補助的な電話として気になった方は使ってみるとよいが、いろいろとトラブルがでると思われるので、それなりに考えながら使う必要があるだろう。

 ↓↓↓ 役立った!と思ったら、共有していただけると嬉しいです ↓↓↓

 - サービス

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


※コメントは管理人承認後に表示されます。